読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅行好きなソフトエンジニアの備忘録

プログラミングや技術関連のメモを始めました

Eye Tracking The User Experienceのまとめ - Chapter5

アイトラッキング

アイトラッキングは全ての質問に答えれるわけではない…

  • 行動に関する質問
    被験者は正しいリンクを選んだ?被験者は冊子から必要な情報を見つけた?
  • 容認に関する質問
    被験者は新しいデザインは既存のデザインより改善されたと思っている?そしてその理由は何故?被験者は製品を他の人に薦めたいと思っている?
  • 理解度に関する質問
    被験者はパッケージの説明書を理解した?ビデオから製品の長所を理解した?
  • 記憶に関する質問
    実験終了後にホームページに掲載された割引コード番号を覚えている?

上記の質問に回答するには被験者を観察し、インタビューする必要がある。

それでもアイトラッキングは知見を得るのに有効

アイトラッキングは被験者の行動と被験者のインタビュー結果のギャップを埋めるのに役立つ

被験者の行動やコメントに基づく知見 アイトラッキングから得られる知見 アイトラッキングがどのように問題の原因特定に役立つか
被験者は正しいリンクをクリックしなかった 被験者が関連したリンクを見たかどうか確認できる 被験者が見ていなかった場合、その要素は気付きにくいという問題を抱えていると考えられ、要素の配置や、要素もしくは要素周りのグラフィック関連に問題があると言える。被験者が見ていた場合、要素に分かりにくいラベルが使われている等の可能性がある
被験者は正しくタスクを終えたものの、タスクを終えるまでの時間が長かった 被験者がタスクを終えるまでに見た物を確認することができる 被験者が期待する位置と異なる位置に要素が置かれていたのかもしれない、もしくは他の要素が正しい要素を見つけることへの阻害となっているかもしれない

アイトラッキングと従来手法を組み合わせることは重要

  • 被験者が何を見たかは分かるが、何故見たのかは聞かなければ分からない
  • 被験者が見たことは分かるが、理解したのかは聞かなければ分からない
  • 被験者が見たことは分かるが、記憶しているかは聞かなければ分からない
  • 被験者がリンクを見たことは分かるが、何故クリックしなかったのかは聞かなければ分からない
  • (その他)アイトラッキングは示すのはユーザーが中心窩で見たもので、周辺視で見た可能性が否定できない

Eye Tracking the User Experience: A Practical Guide to Research

Eye Tracking the User Experience: A Practical Guide to Research